まさかの時を考えて読んでおこう【自賠責保険】【任意保険】

自賠責保険

「そうだ。君なら分かるだろう。今、自動車保険はどうなってるんだ」
「どうなってるとは?…急にどうした」
「いや、この頃はテレビなどで、盛んに宣伝してるからな」
「各社の、一つ一つは、正確には頭にないよ」
「いやそうじゃなくて、…対人とか対物とか、いろいろあるじゃないか」
「ああ、そういう意味か。そうだな。まず自動車保険は、自賠責保険と任意保険とに大別出来るな」
「ああ、それは知ってる」
「そうだろう。誰でも知ってることだ。いや、別に馬鹿にしてるわけじゃない。この自賠責は、正式には自動車損害賠償責任保険と言うんだが、自動車損害賠償保障法という法律に基づいて作られたものなんだな」
「車は全部、加入することになっている。だから強制保険とも言うんだろう?」
「よく知ってるな」
「それくらいは、な」
「も一つの任意保険は、契約するしないは自由だから、つまり自動車保険は、まず強制か任意かの二種類ある、ということだ」
「白賠責というのは、被害者救済の目的で、法が定めた保険ということだな」
「そのとおり。任意保険には、対人対物の賠償保険とその他の保険とがある。対人対物は、加害者が被害者に怪我を負わせるとか、物を壊した時に賠償するということだな」
「とすると、…自賠責は任意の対人賠償保険と同じ性格を持つ、ということになる」
「そういうことだ」

任意保険

「その他の保険というのは?」
「そうだな。ざっと言えば、まず自損事故保険、それから搭乗者傷害保険、無保険者傷害保険、車両保険ということになる。勿論、みんな任意保険だ」
「なるほど。名前は、みな一度は聞いたことはあるんだが、どういう保険か、はっきりはわかっ
てないよ。一つ一つはどういうことになるんだ?」
「要するに、対人対物賠償保険は、他人のための保険ということだな。被害者に怪我をさせたり、事を壊したりした時に、加害者に代わって賠償してくれるということだ。他の保険は、自分のための保険ということになる」
「ああ、一時期テレビのCMでやってた、あなたのための保険です、なんてやつだな」

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ